2015年9月26日土曜日

さっそく「スライドでアップグレード」がorz

まだ希望に満ちていたあのころ…
iPhone6s Plusが届いて小躍りしつつ5sから長い時間をかけてデータの移し替えが終わった喜びも束の間、噂の

「>スライドでアップグレード」

が出たきり何の操作もできなくなる状態がやってきましたorz

ここに対処方法がいろいろ書いてあるんですが、どれもiTunesがデバイスを認識してくれるのが前提。だいたい、パスワード忘れたわけじゃねぇよ、そこの画面までたどり着かないんだこの馬鹿野郎!と罵っていたら、終わりの方に「リカバリモードで復元する」って項目がありました。


「iTunes と同期したことがない場合や、iCloud で「iPhone を探す」を設定していない場合は、リカバリモードを使ってデバイスを復元する必要があります。この手順を実行すると、デバイスのデータとそのパスコードが消去されます。」とのことですが、明日まで待ってAppleStore行くよりマシ。

というわけで指示の通りに押しっぱなしにしていると「iTunesとつなげ画面」が出ました。何とかいけそうなので指示通り進めます。この画面になったまま戻らなくて不安ですが、とにかく待ちます。ピザなんか頼んでしまったので、食べながら待ちます。


上記リンクには「15分でタイムアウトするから、何回も2-3の手順を繰り返せって書いてあるのですが、むやみに繰り返しても無意味です。iTunesの右上にダウンロードアイコンが回っていますので、これをクリックしてみてください。2GB以上をダウンロードしているはずです。なので、これが終わってから(私の場合は4時間でした)もう一度、スリープボタンとホームボタンの両方をじーっと押してアップルマークが出て、そのあと消えて「iTunes→」の画面になるのを待ちます。そして、iTunesの画面で「復元」→「復元&アップデート」を選びます。「iPhoneソフトウェアの抽出中」などがiTunes上に表示され、数分後、空っぽで9.0.1になったiPhone6sがあなたの前に。

あとは、うんざりですけど、もう一度、同期したり設定したり、お好きなように。

帰宅してからここまで、えーと、6時間か…長かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿