2014年6月30日月曜日

Beaglebone Blackで7セグメントLEDデジタル時計

同梱

■約5日で到着

欲しいと思ったのが3月、5月上旬に発売されると聞いてMouser.comに発注したのが4/23、秋月やAdafruitへの入荷を見送って待ち続けてきましたが、Adafruitに再度入荷したので我慢できずに6/25に注文。6/29の11時ごろ配達されたのですが、買い物に出かけていて留守、やっと本日11時半ごろ入手しました。いえー。



■というわけで、7セグメントデジタル時計をまた作った

事前にブレッドボード上に回路を組んであり、Bonescriptでも一応書き終わっていたものの、初めての環境だとやっぱり色々ありますね…。ピン配列の資料を見て、「じゃ、P8の3番以降を使おう」と決めてあったのですが、実際に走らせると「そこのピンはMMCが使っているからダメよ」とエラーが。

間違った配線の図

じゃ、どうすりゃいいのよ、とそれらしい資料を探し出すのに小一時間かかりました。Getting Startedにあったんですけどねorz

やっと1桁表示できたw

それからソフトのバグをプチプチ潰しつつ、「せっかくの時計なんだからちゃんとntpで時間合わせしないと」と思ったのが運の尽きでちょっとハマったり。出来上がったのが、以下のムービーです。


ムービーのフリッカーを合わさって、ほとんど判読不能ですね…。実物はもうちょっと読めるのですが、ともかく実用にはなりません。Cloud9上で90桁/秒程度、コマンドライン上で170桁/秒程度です。170だと普通に読み取れますが、チラついてることが誰にでもはっきりわかるレベルです。

BCDデコーダが手元にないので7セグメントを1ピンずつループまわしてドライブしました。TC4511あたりを使えばもう少し早くなるかもしれませんが、それでも1Ghz ARM上のnode.jsだとこのへんが限界かもしれません。少なくとも、高速化のためにあれこれいじるよりCで書いた方がラクだと思います。

■設定など

SDカードを買い忘れてしまったので、まだなーんにもやってませんw

とりあえず、日付を毎回合わせるのは面倒くさいので、ぐぐって見つかったこちらのページ(Thank you!!)を参考にターミナルで
    ntpdate -b -s -u ntp.jst.mfeed.ad.jp
と実行。何の問題もなく設定された。なお、あんまり当然すぎて書いてないのだと思いますが、この設定はUSBとMac(PC)つないだだけではダメみたいです。DHCPのあるネットにEthernetをつないでからrebootし、USBのコンソールから入ってifconfigでen0のipアドレスを調べ、一度USB経由で接続したシェルからログアウトして、再度en0のIPアドレスにroot@<アドレス>では入ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿