2016年7月10日日曜日

はい撤収

1年ぐらい前から、LPC1114FN28と200円の8x8マトリクスLEDを1枚の基板に乗っけて、I2Cで並列接続して大きなLEDマトリクスを安く簡単に作るような「部品」を売り出す…というのを進めていたんですが、量産しないと値段が下がらない、量産しても果たして売れるのかそんなもの…というところでウダウダしてました。世間様にお披露目したのは去年のmbed祭りだっけか。


ウダウダしているうちに出ちゃいました。

しかも、私はただのディスプレイで考えていましたが、ゲームにするなんて考えてもいませんでした。
IchigoDotS(イチゴドットS) 小型ワンキーゲーム機

価格も私のルートで量産した場合の原価とほぼ同じ。

アイディアも価格も完敗(笑)。

Eagleの設計データはここに公開します。ガーバーファイルも入れておきますので、Elecrowにzipそのまま送ればちゃんと基板になって出来上がってきます。

上のデモを動かしているプログラムはこちら。

さあ次行こう、次。次は「他人の褌」で相撲を取る(w

0 件のコメント:

コメントを投稿