2016年7月22日金曜日

半導体レーザーで200W




ファイバーアウト出力200Wの半導体レーザー
リコーは、高い出力性能を備えたファイバーカップリング式808nm帯半導体レーザー「ハイパワーVCSELモジュール」を開発した。VCSELアレイ単体の出力は310W、ファイバーアウト出力は200Wを達成。センシング用途に加えて、エンジンなどの点火用途にも適用できるという。
(以上の写真およびヘッドラインはEDN Japanより引用しました)

さすがにこれはホビー用には出力高すぎるけど、でも半導体でもこんな出力可能なんですね。10Wぐらいのやつないかな。そしたらKitMill BT100/200にファイバーの先端を括りつけて「フライス盤兼なんちゃってレーザー加工機」にするんだけど。
(ORIGINALMIND.CO.JPサイトより)
10Wあればアクリルも何とか加工できるから、レーザーで切断してフライス盤でケズることができれば大抵のものは作れちゃう…気がする。

というか2Wの半導体レーザーで良いので、出してください>Original Mind様

0 件のコメント:

コメントを投稿