2016年4月7日木曜日

回路は仕様通りに動く

AdafruitとSparkfunとSwitchScienceへの報恩

夜中に目が覚めて眠れなくなってしまったので、ESP-WROOM-02で昨日届いた部品のテストをしました。

が、どうもうまく動いてくれません。現象切り分けのために、基本のLチカを走らせてみると…走りません。使ったのは私のESPボードの動作確認用につかっているやつで、IO12 - IO16を同時にLOW/HIGH切り替えるだけのもの。間違えようがありません。

さらに切り分けのために
  • 手持ちの複数のESPボード
  • ブレッドボード
  • ジャンパワイヤ
  • USBシリアル
  • ESP SDK

を取り替えて試しましたがダメです。しかし、Lチカ以外のプログラムは動きます。

…気付きました。手元にあるボードは、先日の「道路工事的点滅デモプログラム」のためにRESET-IO16を接続してあることに。

Lチカプログラムでは起動直後にIO16をLOWにしてます。つまり、起動直後に強制的にリセットかけていたわけです。

…そりゃー動かないよorz

ちなみにテストしたのは、1v -> 3.3vへの昇圧DC/DCコンバータです。200mAの出力容量とのことですが、1000μFの電解コンデンサを付けてもESPは起動できませんでした。1Fのスーパーキャパシタにチャージしてから試してみても一瞬IO13のLEDが光っておしまいでした。手元には5Fのキャパシタもありますが、やめておきます。DC/DCは他のマイコンに使いますわ。

窓の外がそろそろ白んできました。

今日はオフィスで眠いだろなー。サラリーマンは辛いw

0 件のコメント:

コメントを投稿