2015年11月15日日曜日

Solidarite


人は愚かだ。

しかし、英知は何物も乗り越えることができる。


mbed, LPC1114FN28使用。ライブラリはJacob Bramley氏のPixelArrayを使用しました。

Thanks, Jacob!

このライブラリはBurstSPIを利用しています。SPI/MOSI端子を出力ピンとして使用し、WS2811/2812のDin端子と接続してください。Din信号は周波数特性に敏感なので、なるべく配線を短くしてつなぎます。誤動作するとLED全点灯側に振れますので、電源がヤバいです。配線を長くしなくてはいけない場合は両端にSN751768などを入れてRS485信号に変換し、ツイステッドペアのシールド線で配線すれば少し安心だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿