2011年10月7日金曜日

訃報

 
あちこち書いているけど、私がMacに転向したのは、当時付き合いたいと思っていた女の子がMacユーザで、まぁお話のきっかけにでもなればと思ってPowerBook 100を購入。でもそれでMacにハマってしまった。ずっとWintel系を歩いてきて某大手SIerでVisualBasicの導入コンサルをするぐらいWindows屋だった私がMacに転向しただけでなく、そのお嬢さんと結婚して現在に至るのだから人生は笑い話。

で、PB100からMacに転向して数年、初めてのWWDCはiMac発表の年だったと思う。転向当初はあまり仕事無くて苦しかったけど、そのうちNTT HI研究所(当時)のアプリを開発させてもらったりアートネイチャーの増毛シミュレーションを作ったり、楽しかった。そのうちWebObjectsに関して世間様から幸福な誤解を受けたことで、稼がせてもらった。毎年夫婦二人ビジネスクラスでWWDCとMacworldに参加してたんだからバブルだったなぁ。

そして、2006年8月11日、アップル本社前駐車場にて。

私がThe Company Storeで買い物をおえてレンタカーに戻ろうとしたら、後ろから2人が歩いてきた。もしこんなことがもしあったら、と夢想しつつ考えていた英作文を頭の中でまとめ直した後、「Mr.Jobs、私はWebObjectsでビジネスをしています。MacとWebObjectsをありがとうございます。」と挨拶させてもらった。一応英語のつもりだったけど通じたかどうかわからない。JobsもIveも困り半笑いだったからね。もう一度ありがとうと言って、クルマに戻った。

 写真はクルマから隠し撮りしたもの。

昨日、客先でのSalesforceアプリ説明会を実施中、Chatter for iPhoneをデモしている時に逝去のニュースを知りました。Lennonの死は自宅で母から聞いたけど、Jobsさんの死は彼が産み出したiPhoneで知った。

ジョブズさん、私の人生の大半は、あなたの生み出した製品のおかげで、とても楽しいものになりました。

ありがとうございました。どうぞ安らかに。

0 件のコメント:

コメントを投稿