2016年8月6日土曜日

超音波洗濯、その1

シャープのハンディ超音波洗濯機が話題になっているので、どこのご家庭にも有る超音波洗浄機で、ワイシャツの汚れの首輪に立ち向かってみました。

検体はワイシャツ。普段液体洗剤を直接塗って洗っても落ちない黄ばみが汚れです。超音波洗浄機はシチズンのSW1500、8年前に自転車のチェーン洗浄用に買ったものです。最近はもっぱらメガネ洗浄専用ですけどね…。

■今日の実験■

指定濃度に薄めた液体洗剤で試しました。洗浄槽に約500cの希釈洗剤を入れ、そこに襟をたたんでから筒状に丸めて突っ込みました。逆立ちしてるイメージです。5分後取り出してから通常通りの洗濯をしました。



■結果■

普段よりすこし白くなった気もしますが、黄ばみの皮脂汚れは依然残ってしまいました。

ただ、普通に洗うと灰色のホコリ線も薄っすらと残ったりするのですが、そっちは液体洗剤原液を塗ったのと同程度以上には綺麗になったので、効果はあるのかもしれません。

■次回■

濃厚な液体洗剤で試してみます。

それでダメなら、白いシャツなので「自転車用デグリーザー(脱脂洗浄剤)」を使った方が速いんじゃない?という気もしてきましたw

■追記8/21■

シミに液体洗剤原液をつけてしばらく置いてから、約100倍程度の洗剤液で動作させてみましたが、普通に洗濯した場合と比べて差異はありませんでした。うーむ。

なお、濃厚洗浄液はスタッフがおいしくいただきましたその後、普通に洗濯で使いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿