2016年8月22日月曜日

Eagle v7からステンシル用DXFを出力する方法



スイッチサイエンスさんのスクリプトを使う方法が一般的に広まっていると思うのですが、私のところのEagleがv7なせいか同スクリプトを走らせても有効なステンシルデータが出力されません。

ふと思い立って、brd画面に表示されているレイヤをDimensionとtCreamだけにしてからFileメニュー>Export>DXFを実行してみたら、正しいDXFが出力されました。

その際、Use Wire WidthsとFill areasのチェックを外し、単位をmmからinchに切り替えるといい感じにできました(mmのままだと、何故か幅2mもある巨大なデータが出力されました)。

近日中に地元のfabスタジオで試してみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿