2021年7月30日金曜日

AMTECHジェルフラックスの正しくない使い方

2020年4月ごろ数人で共同購入したのですが、私の手元には2本残しました。1本は冷蔵庫に保管しておき、もう1本は常温でそのまま使う、という暴挙です ^ ^

有効期限は今年の4月17日まで。

有効期限の少し前、2月ぐらいまでは常温保存でも正常につかえていました。

有効期限を3ヶ月超過した今日7月30日、QFP(STM32F413)をはんだ付けする必要があり、久しぶりに引っ張り出しました。が、さすがに活性が落ちていると感じました。1回熱を加えた状態ではフラックスとしての効果があるのですが、2回、3回とコテが通るとハンダのツノが立ってしまって、フラックス切れの状態になってしまいます。

期限切れになるとこういう状態になるんですね。

同じ条件で冷蔵庫に保管していたものを使ってみたところ、現象は同じでした。つまり、常温保存でも冷蔵保存でも、あんまり違いはない感じです。いつぐらいまで使えたのか、もうちょっとコマメに調べていれば良かったのですが……。

そんな厳密さの欠ける実験結果ですが、少なくとも常温保存でも期限の少し前までは正常に使えていたので、半年ぐらいの頻度で購入しているならそんなに神経質に冷蔵庫から出し入れしなくても大丈夫、という印象です。

なお、そんな期限切れのジェルフラックスですが、ハンダ吸い取りなどには十分使えます。吸い取り線のフラックスと違って焦げないし拭き取りがラクなので、捨てないで吸い取り用に使おうと思います。

しかし、10mlのシリンジで買ったんですが見事に7割ぐらい残ってますわ。AMTECH、素晴らしく高性能なのですが……送料が高い(DHLで$46)のがネックなんですよね。

とりあえずサンハヤトのジェルフラックス HD-F25を試してみようと思います。送料込みでの最安は千石電商かしら。早いのはアマゾンですが値段ビックリ。


0 件のコメント:

コメントを投稿