2016年1月14日木曜日

熱収縮チューブにはヒーティングガンを

美しい収縮っぷりに刮目せよ(大げさな

去年、ヒーティングガンを買いました。ホットガンとかヒートガンとも言われる、ドライヤーの親玉みたいなやつ。髪の毛が乾くどころか瞬殺状態になるような高温の熱風を吹き出してくれます(試さないように。火傷します)。

これを使ったリフローの方法があるというので試してみようと思ったのですが、買ったころホームリフロー環境が劇的に改善したので結局基板/ハンダペーストを炙る機会は今のところありません。リフローに失敗したQFPを外す場合なんかに使う日が来るとは思いますが。

いつその日が来るかはわかりませんので、とりあえず本来の用途の1つである「熱収縮チューブの収縮」に使ってます。これが、今までのチャッカマンやハンダゴテの上昇気流は何だったんだ!というぐらいきれいにできます。

もう、芯線が少しでも見えたら、配線2本以上が遊んでいたら即!という勢いで熱収縮ライフを送っております(ちょっとウソ

国産で5000円以下、一生使えます :-}


と、アフィリ貼ってみました。BGMは、THE BEATLESの "Paperback Writer"です。

0 件のコメント:

コメントを投稿