2012年8月23日木曜日

Force.com SDK for iOS最新版

今週の月曜日から仕事でいじってました。

GitHubからzipで落としてもダメなのは以前と同じ。ちゃんとgitでcloneしてから./install.shしましょう。

今度のリリースでローカル・キャッシュなども加わったので、その辺もぜひ試してみたいんだけど、とりあえず会社の案件では用がないので保留…この週末にでも個人用アプリで試してみますべ。

で、新しいテンプレートですが…今度こそARCとかStoryboardに対応しているのでは?と3mmぐらい期待したのですが、してません。まぁARC無くても困らないんだけど、先週この案件に向けて下調べしていたViewはStoryboardが前提だったのでちょっと苦労しました。でも、まぁnibの方が素直というかイマイチ挙動を把握し切れていないSegueよりもわかりやすいので決定的な不利にはならないのですが。あと、今まで手動でやらなきゃいけなかった設定(Linkerのオプションとかライブラリの選択)が不要になっているのは少し楽。

今回の案件は「クラウド上のデータをiPad上に表示し、ユーザの操作を収集してクラウド上に上げる、てな案件のデモ版を作る」というものです。ViewControllerの数は5つ、Force.comは全部custom objectで6 objects、親子関係4世代とその横に親子関係2世代が参照関係でつながっているという単純なものです…と文字で説明しても「何のこっちゃ?」だと思いますが、一応勤務先の案件なのでご勘弁を。

ところで、このぐらいの規模のデモアプリ、他の人はどんな感じで作業しているんでしょうかね。

私の場合はざっとこんな感じ:

  • 月曜
    • SDKを新規インストールしてテンプレートプロジェクト作成
    • nibで要求仕様通りの画面構成を実装してNavigationBarなどが邪魔しないことを確認
    • Force.comで必要なデータベースを定義して一番基本的なデータがiOSアプリのUITableView上に表示されるところまで。ほぼ定時。
  • 火曜日
    • Tableからタップして表示されるUIPageViewControllerまわりの実装
    • ModelControllerとModelViewの役割分担がいまいちわかりにくくて試行錯誤
    • Force.comのデータを少し調整
    • ほぼ定時ぐらいで全データが表示されるようになり、全画面がとりあえず見られるような状態に
  • 水曜日
    • iPadからのpush側を実装。謎のデータ消失や重複が出たものの、ModelControllerをすっきり整理することで解消。正常操作と異常操作のマトリクスを作って動作をチェック、細かいところを直したり、ミリセカンド単位で収集しているはずのデータが秒単位だったのでForce.comの項目を18.0から15.3に変更したり。だいたい定時で動作確認も終わり

と、こんな感じでした。年寄りだから遅いのは勘弁してくださひ。

そういえば先月会社のお金でObjective-cの講習会に出たのですが、これが大変役に立ちました。特にメモリ関係で悩んだりハマったりすることが激減して、さくさく(当社比)書けるようになった…ような気がします。c言語とはなんだかんだで20年以上の付き合いになりますが、objective-cになっても変わっていねーなー、というのが正直なところ。

ああ、それでもやっぱりnilと[NSNull null]の混同で何カ所かハマりました。とほほ。

--

余談ですが、今日はFlexBuilderの作業。SuicaってかFeliCaをIDカードとして使ってForce.comに問い合わせをしたりメールを送ったり、という実装をしていました。

あー肩凝った、ってか疲れた。「あれ、ActionScriptって配列の要素の数はcountだっけlengthだっけ?」と悩んだりしているせいだとおもうんですけどねorz 明日はiPadアプリのアイコンなどを作ってお化粧する予定です。

まぁ何だかんだで、なかなか楽しい日々を送っております。はい。

0 件のコメント:

コメントを投稿