2012年7月10日火曜日

会社にMacが来た! ・その後

標準の500GB HDDをPlextor PX-256M5Sに換装しました。外付けUSBは禁止されているので、東映のアダプタを使ってDVD Driveのところに500GB HDDをセットして移行完了。やー、廉価版SSDとはいえ、HDDとは比べものにならないぐらい爆速ですね。立ち上がりが早すぎてXPのスリープ復帰より早いです(いやマジで)。移行が終わったところで、またHDをDVD Driveに戻しました。
外したねじ置き場。まぁ右奥3本が長いだけですが。
Excelとかパワポを使わずにはいられない会社なので、BootcampにWindows7を入れました。

ツールでパーティションを切って、Windows7のDVDを入れて待つことしばし。ってか、「展開中xx%」で止まること3度。00%, 53%, 68%だっけかな。68%では30分以上止まっていたのでWindowsに詳しい人に「もうリセットしちゃおうかしら」って話に行って戻ってきたら進んでいたというオチ。しかし、インストール後、Bootcampはそのままでは暗号化できず、暗号化しないと会社の規則で持ち出せず、暗号化するとVMWareからは起動できなくなる、ということで没。

再びBootcampツールを使って、パーティションを消す。サイズを変えることはできないけど、消すことはできるのね。で、改めて、VMWareでインストール。そしたら、CPUを2個しか割り当ててないのに8分でインストール終了。さっきの「展開中」は何だったんでしょう。

MacのパーティションはFilevault 2で暗号化済なのでその上のVMWareもセキュリティ的には問題ない。ただ、MacOS上にもWindows上にもSymantec EndProtectionを入れたらとても重い。特にMac側でファイルをダウンロードした後のスキャンが異様に遅くて泣けます。Mac界で比較的評価の高いSophosとかじゃダメか聞いてみようと思います。

さて、あとは入社以来使っていたXP(Core 2 Duo / 2GB / HDD 64GB)の中身を載せ替えれば移行完了です。

インストールが一段落したら、もう一度DVD-DriveをHDDに換装して、HDDをTimeMachine用に使おうと思ってます。実は今回、超お買い得なRetinaを諦めた理由の一つがこれです。セキュリティのため普通の会社ではプロテクションのない外付けUSBは禁止されていると思いますが、TimeMachineなしでMacを使うのも不便、ならば無理矢理2スピンドル化して使おう、というココロです。

まぁTimeMachineも暗号化できるので、そこを説得できれば良いのかもしれませんが、説得するのめんどくさいのよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿