2013年8月11日日曜日

ワイシャツの洗濯

■クリーニング屋に不満がある■

うちの近所のクリーニング店はどうもいかん。特にワイシャツ方面:
  • 安いところは襟汚れが落ちない
  • 高いところはまぁ良い仕上がりだったけど潰れた。プリペイ残あるのに
  • どこも高温乾燥しているせいか縮む
  • 糊付けないでと言ってもパリパリ
こんな感じ。なので自分で洗ってるんですが、アイロンは苦手だし面倒なので掛けたくない。とりあえず試行錯誤の結果、ある程度うまくいくようになったので、まとめてみました。

基本的にはきちんとたたんでからネットに入れて洗う。マルイのワイシャツ専用洗濯ネットってどうなんでしょね。良いとは思うものの、ネット1枚でワイシャツ1枚しか洗えないのがイヤなので買ってません。高いし(1枚1000円)。

■前準備■

使い古した歯ブラシでワイシャツの襟と袖口に液体洗剤を塗りつける。

適当な作業場所で襟のボタンをとめてからシャツを広げます。うちは風呂フタの上でやってます。LED電球なので写真の色温度がヒドいことになってますがご容赦ください。

脇の下の縫い目を左右に引っ張るようにするといい感じにシワが取れます。これを3-4枚、写真のように重ねて行きます。重ねる時には、ノーアイロン性能の高いものが上に来るようにすると良いです。今回は綿100%のダンガリー☓2、エディー・バウアーの綿100%シワ無し加工シャツ、ビズポロ…の順番。ビズポロは普通に洗濯脱水しても皺にならないのですが、スペーサーとして入れてます。

次に、片袖ずつ内側に折っていきます。なんか「デュワ〜」って感じ。


最後に、ネットに入る大きさに折ります。私はデブなので幅65cmないと入らないですが、普通の人なら60x45cmのネットに入ると思います。

あとは、普通に洗濯しますが、脱水はしません。洗濯>すすぎ>すすぎ…が終わったところで止めておきます。水槽からネットごとワイシャツを取り出して、濡れたままハンガーに干します。

ノーアイロンはもちろんアイロン簡単シャツならこれで十分パリっと仕上がりますし、綿100%のダンガリーも程よいざっくり加減になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿